PR

 朝日放送テレビは2020年8月5日、朝日新聞社と共同で実施する「2020年甲子園高校野球交流試合」(8月10日開幕)のライブ中継において、360度カメラを用いたVR映像の配信を行うと発表した。

 具体的には、阪神甲子園球場の3カ所(バックネット、一塁側、三塁側)に360度カメラを設置し、VR映像を配信する。スポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」(運営は運動通信社)内で朝日新聞社と共同で展開する「バーチャル高校野球」で、見たいアングルから試合を視聴できるようにする。KDDIの技術協力を得て取り組む。

 バーチャル高校野球は、高校野球を動画やニュースで楽しめるサービスとして、2015年に朝日新聞社と旧・朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス)が共同で開始した。2020年8月開催の「2020年甲子園高校野球交流試合」は新型コロナウイルスの影響で原則無観客となるが、VRライブ中継を実施することで、球場にいなくても臨場感のある形で試合を観戦できるようにする。