PR

 韓国サムスン電子は2020年8月5日、フラグシップAndroidスマートフォン「Galaxy Note20 Ultra」やタブレットの新製品を発表した。いずれのモデルも日本での発売は未定としている。

Galaxy Note20 Ultra
Galaxy Note20 Ultra
(出所:韓国サムスン電子、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

Sペンの遅延を低減、DeXはワイヤレスに対応

 Galaxy Note20シリーズは、2019年に発売した「Galaxy Note10」シリーズの後継モデル。従来モデルのユーザー向けには上位モデル「Galaxy Note20 Ultra」、ライトユーザー向けには下位モデル「Galaxy Note20」を投入する。

上位モデルのGalaxy Note20 Ultra(左)と、ライトユーザー向けのGalaxy Note20(右)
上位モデルのGalaxy Note20 Ultra(左)と、ライトユーザー向けのGalaxy Note20(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 同シリーズの特徴である本体同こんの「Sペン」は、書き込み時の遅延(レイテンシー)を9ミリ秒に低減させた。サムスンによれば米アップルの「Apple Pencil」と同等の遅延としている。

 前モデルとの違いとして、側面の電源キーや音量キーを本体左側から右側に移動した。これは他のGalaxyシリーズと統一するためだという。一方、Sペンを収納するスロットは本体右側から左側に移動した。

Sペンのスロットは左側に、電源キーなどは右側に変更
Sペンのスロットは左側に、電源キーなどは右側に変更
[画像のクリックで拡大表示]

 標準のノートアプリ(Samsung Notes)には複数の新機能を追加した。Samsungアカウントを利用してスマホやタブレット、PC間でデータを同期できる。録音中に書いたメモをタップすると頭出しができる「オーディオ・ブックマーク」機能、PDFファイルに直接書き込む機能、斜めに書いたメモの傾きを補正する機能も追加した。

 外部ディスプレー出力機能の「DeX」は、新たにワイヤレス接続に対応。Miracastに対応した一般的なテレビやディスプレーを利用できる。マルチタスクを想定した拡張デスクトップにも引き続き対応し、テレビで動画を再生しながらスマホでメモを取るといった利用シナリオを挙げた。

DeXはワイヤレス接続に対応
DeXはワイヤレス接続に対応
[画像のクリックで拡大表示]

 動画撮影では「プロ動画モード」を搭載。8K動画の撮影では、16:9や21:9のアスペクト比で、毎秒24フレームまで対応する。ライティングやズームもマニュアルで操作できるとした。

プロ動画モード
プロ動画モード
[画像のクリックで拡大表示]