PR

 伊仏合弁STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)は、無負荷時の消費電力が150mWと少ない最大400W出力のスイッチング電源(AC-DCコンバーター)モジュール「EVL400W-EUPL7」を発売した(ニュースリリース)。フル負荷時の変換効率は、230VAC入力時に93%程度、110VAC入力時に91%程度が得られるという。電子機器や建物の省エネに関する米国規格「Energy Star Ver.6.1」や、家電機器やオフィス機器の省エネに関する欧州規格「EuP Lot 6 Tier 2」、外部電源の省エネに関する欧州規格「CoC (Code of Conduct) Version 5 Tier 2」に準拠する。さらにコンピューター用電源モジュールの変換効率に関する規格「80 PLUS」において「Platinum」の格付けを取得できるとする。

無負荷時の消費電力が150mWと少ない最大400W出力のスイッチング電源モジュール
無負荷時の消費電力が150mWと少ない最大400W出力のスイッチング電源モジュール
STMicroelectronicsのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 スイッチング電源用制御ICの1次側には、同社の2製品を採用した。力率改善(PFC)回路用制御IC「L4984D」と、スイッチング電源用制御IC「L6699」である。L4984Dは電流モードに対応。L6699は、ハーフブリッジ回路に対応しており電圧共振モードで動作する。どちらの制御ICにもバーストモードがあり、これが無負荷時や軽負荷時の変換効率の向上に貢献したという。さらにL6699が備える「Self-Adaptive Deadtime(自己適応型デッドタイム)」機能によって1次側の消費電流を低減したことも、無負荷時や軽負荷時の変換効率の向上に寄与したといする。2次側には、同社の同期整流用制御IC「SRK2001」を採用した。これによって、広い負荷範囲で変換効率を高めることが可能になったとしている。

 入力電圧範囲は90~264VACで、周波数範囲は45~65Hzである。出力電圧は+12Vで、最大33Aの連続出力が可能である。放射電磁雑音(EMI)に関する規制値「EN55022クラスB」に準拠する。パソコン用ATX電源ユニットや、小型サーバー、ワークステーション、医療機器、デジタルサイネージ、LED照明器具などに向ける。すでに販売を始めている。参考単価は180米ドルである。