PR

 KDDIとエクシングは2020年8月18日、新型コロナウイルス感染症対策の強化を目的として、スタートアップの技術を採用したと発表した。今回、採用した技術には、画像認識技術を活用した来店者の体温測定や、AIカメラを用いた除菌清掃が必要な端末の検知などが含まれる。

 今回の取り組みは、「KDDI ∞ Labo」パートナー連合46社が自社アセットをスタートアップに提供し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けるスタートアップの事業継続を支援する「MUGENLABO支援プログラム 2020」の第1弾として進める。2020年8月18日に、KDDI直営店である「au IKEBUKURO」およびエクシング子会社が運営する「JOYSOUND池袋西口公園前店」にスタートアップの技術を導入した。

 例えばau IKEBUKUROでは、画像認識技術を用いた体温測定器による来店客入店時の検温の自動化などを行う。一方、JOYSOUND 池袋西口公園前店では、コミュニケーションロボ「Kebbi Air」をエントランスに設置し、新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みや設備・サービスに関する質問を人を介さず自動で応答するといった取り組みなどを実施する。