PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年8月20日、個人向けモバイルサービス「IIJmio」の従量制プランを同日から提供すると発表した。

IIJmioが「従量制プラン」を発表
IIJmioが「従量制プラン」を発表
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 料金はデータ容量が1ギガバイトからの従量制で、SMS機能付きが月額480円(税別、以下同)から、音声機能付きは1180円から。IIJは「業界最安級」と位置付ける。2ギガバイト以降は1ギガバイト追加ごとに200円で上限は20ギガバイト。使いすぎを防止するため、1ギガバイト単位で上限を設定し、そのデータ量に達した場合に低速通信に切り替える機能を提供する。上限値は月の途中でも変更できる。毎月のデータ利用量が3ギガバイト以下の人や、テレワークなどで月々のデータ利用量の変化が大きい人を主なターゲットとする。

auの4G回線専用プランで月額480円から
auの4G回線専用プランで月額480円から
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]
従量制だが1ギガバイト単位で利用を止めることが可能
従量制だが1ギガバイト単位で利用を止めることが可能
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]
ターゲットは毎月のデータ使用量が3ギガバイト以下の人、毎月の変化が大きい人
ターゲットは毎月のデータ使用量が3ギガバイト以下の人、毎月の変化が大きい人
(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 追加料金を払うことで、最大3枚のSIMカードを用いたデータ容量のシェアに対応する。初期費用が1円になる発売記念キャンペーンやスマートフォン本体との同時購入割引、光回線「IIJmioひかり」とのセット割、音声通話の定額オプションも用意する。販売チャネルはIIJmioのWebサイトのみとし、店頭では取り扱わない。

 従量制プランの提供開始に伴い、既存の「エコプラン」は新規の申し込みを停止した。エコプランは0.5ギガバイト刻みで料金が変わり、利用したデータ量に応じて料金を割り引くプランだったが、分かりにくいとの声を受け、従量制プランで改善したという。

 オンライン発表会に登壇したIIJの矢吹重雄MVNO事業部長は同社のモバイル・IoT事業について、2020年4~6月期は新型コロナ禍による販売減で個人向けIIJmioの回線数が純減となったことを明らかにした。訪日外国人向けSIMの売り上げも減少したものの、法人向けのモバイル需要は増加したという。インターネットトラフィックは4月以降、固定回線で増加がみられ、モバイル回線では減少した。モバイル回線の通話時間は変化がないとする。今回発表した従量制プランはこうしたデータやユーザーからの要望、社会の変化に対応したものとしている。