ライオンとアスクルは2020年8月25日、専用のスマートフォンアプリと連動させて乳歯期の子どもの歯磨きをサポートする歯ブラシ「クリニカKid's はみがきのおけいこ」を開発したと発表した。子どもが自主的に歯磨きを続けられるよう、アプリ上で絵本のキャラクターが歯ブラシの動かし方や磨く場所などをアドバイスする。アスクルが運営する日用品の通販サイト「LOHACO」で9月9日に発売する。価格は1万1000円(税別)。

絵本のキャラクターが歯磨きをアドバイスする
絵本のキャラクターが歯磨きをアドバイスする
(出所:ライオン)
[画像のクリックで拡大表示]

 この商品は、加速度センサーを内蔵した専用器具を歯ブラシに取り付けて使う。センサーで測定した歯磨き時の手の位置や速さなどのデータをスマホのアプリで読み取り、磨き残した歯の位置や歯磨きの達成度などを動物のキャラクター付きイラストで示す。これにより子ども歯磨きの習慣化を促す仕組みだ。

 ライオンが専用器具を通じて得られた歯磨きの頻度や上達度などのデータを収集・分析し、歯ブラシを買い替えるタイミングや子どもの成長に合わせたオーラルケア商品を提案する機能も用意した。

 ライオンは収集したデータとアスクルが蓄積した顧客データや購買データを連携させ、購入後のアプリ利用状況や実際の購買行動などを検証。商品購入者のニーズに沿った商品の提案や新商品の開発につなげる。