コネクシオとシュナイダーエレクトリックホールディングス(以下、シュナイダー)は共同で、製造装置の遠隔監視を実現するソリューション「Air Connect for Machine Advisor」を開発した。2020年8月24日から、シュナイダーの販売代理点を通じて提供する。4Gルーターと4G-SIM契約、クラウドプラットフォームをパッケージ化しており、装置メーカーは、複雑な通信設定やクラウド設定なしで導入できる(図1)。

図1:「Air Connect for Machine Advisor」の概要
図1:「Air Connect for Machine Advisor」の概要
(出所:コネクシオ)
[画像のクリックで拡大表示]

 コネクシオの4G通信付きエッジデバイス「CONEXIOBlackBear」と4G・VPN通信サービス「TRIBE-biz」、シュナイダーのクラウドプラットフォームサービス「EcoStruxure Machine Advisor」に加えて、新たに共同開発した接続セットアップツール「Air Connect 設定ツール」をパッケージ化し、ワンストップで提供する。接続や契約に関する問い合わせにも、シュナイダーが対応する。

 導入時に必要なのは、クラウド上で監視したい装置データのアドレス、データ収集の周期、クラウド上での表記名などを定義するCSVファイル。このCSVファイルをAir Connect 設定ツールに読み込むだけで遠隔監視が可能になる(図2)。

図2:「Air Connect 設定ツール」による接続イメージ
図2:「Air Connect 設定ツール」による接続イメージ
(出所:シュナイダーエレクトリックホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 製造現場における作業者同士の接触機会の抑制や働き方改革を実現する手段として、遠隔監視のニーズが高まっている。しかし従来、コストや設定の複雑さというハードルがあるのに加えて、既に出荷した装置の場合は制御プログラムの書き換えや性能テスト、複雑な通信設定といった手間もかかり、クラウド化が進んでいないのが現場だという。そこで新ソリューションでは、通信サービスや設定セットアップツールなどをパッケージ化し、複雑な通信設定やクラウド設定を不要にした。

 パッケージに含まれるEcoStruxure Machine Advisorは、製造装置をクラウドベースで常時遠隔監視するサブスクリプションモデルのプラットフォームで、輸出用装置にも展開できる。ONEXIOBlackBearも海外で使える。そのため新ソリューションは、国内・国外を問わず製造装置の遠隔監視に使える。

 SIM契約を含む年間費用一括の支払い(前払い)にも対応する。Air Connect単体(4Gルーターと4G-SIM契約)でも販売し、ユーザーは自社で用意したクラウドシステムや、シュナイダーが提供する「Pro-face Remote HMI」「Pro-face Connect」などの遠隔監視ソリューションと組み合わせて活用できる。通信(SIM)契約やデータ量によってプランのカスタマイズも可能だ。