PR

 台湾MediaTekは、5Gスマートフォン向けにプロセッサーSoCの新製品「Dimensity 800U」を発表した(ニュースリリース)。7nmプロセスで製造する5Gスマートフォン向けプロセッサーSoC「Dimensityファミリー」の1つである。

 同社は2019年11月にDimensityファミリーの最初の製品を発表して以来、プレミア~ミッドレンジの5Gスマホ向けの製品を次々と投入している。新製品のDimensity 800Uは、同ファミリーのローエンド製品「Dimensity 720」*1とその1つ上位の「Dimensity 800」*2の間に位置するミッドレンジスマホ向けSoCである。

新製品の「Dimensity 800U」
新製品の「Dimensity 800U」
MediaTekの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 実際、新製品のDimensity 800Uはこれら2製品の中間の仕様になっている。例えばCPUコア。Dimensity 720、Dimensity 800U、Dimensity 800はいずれも「Arm Cortex-A76」と「Arm Cortex-A55」を合わせて8つ集積するが、動作周波数やA76とA55の個数比が異なる。Dimensity 720は2GHz動作のA76を2個と2GHzのA55を6個集積、Dimensity 800Uは2.4GHzのA76を2個と2GHzのA55を6個集積、Dimensity 800は2.0GHzのA76を4個と2.0GHzのA55を4個集積する。GPUコアはDimensity 720とDimensity 800UはArm Mali-G57 MC3、Dimensity 800はArm Mali-G57 MC4である。

 同社によれば、新製品のDimensity 800Uは、Dimension 700シリーズ(現在はDimensity 720の1製品のみ)と比べると、主要なゲームタイトルのロードが1.4倍高速だという。またCPUは11%、GPUは28%高速とされる。

 対応できるディスプレーの解像度は最大2520画素×1080画素で、リフレッシュレートは最大120Hzである。最大で12GバイトのLPDDR4x DRAMを外付けできる。ISPは最大64M画素のカメラ1台、または20M画素カメラと16M画素のカメラの2台をサポート可能。ビデオエンコードはH.264とH.265を、デコードはH.264とH.265、VP9に対応できる。サポート可能なビデオのフレームレートはどちらも30フレーム/秒(4K解像度の場合)である。

 モデムは5GのSA(Standalone)とNSA(Non-Standalone)の両方に対応し、2波キャリアアグリゲーション(2CC CA)や、5Gでの音声通話(VoNR:Voice over New Radio)、5Gと4GのデュアルSIM、DSDS(Dual SIM Dual Standby)をサポートする。最大ダウンロード速度は2.3Gビット/秒。さらに、Wi-Fi 5やBluetooth 5.1もサポートできる。

 Dimensity 800Uの量産開始時期や搭載スマホの市場投入時期などは未公開。