PR

 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティング会社のJ.D.パワー ジャパンは2020年8月19日、「2020年日本自動車初期品質調査(IQS)」の結果を発表した。ブランド別ランキングで、ホンダが51ポイントで初めて首位となった。高級車ブランドではレクサスが首位で、総合では4位となった。

2020年日本自動車初期品質調査のブランド別ランキング
2020年日本自動車初期品質調査のブランド別ランキング
(出所:J.D.パワー ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 この調査は新車を購入してから2~9カ月経過したユーザーを対象に、ユーザーの不具合経験を調べたもの。調査項目は「外装」「走行性能」「装備品/コントロール/ディスプレイ(FCD)」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)」「シート」「空調」「内装」「エンジン/トランスミッション」の8分野に渡る233項目。100台当たりの不具合指摘件数をスコア化した。スコアが低いほど品質が高い。

 業界平均スコアは60ポイントで、前年より6ポイント改善した。また、現在の調査項目になった2014年と比べて6年間で24ポイントと大幅に改善している。最も改善が進んだ分野は「エンジン/トランスミッション」(6.6ポイント減)で、自動変速機や無段変速機の変速中のもたつきやシフトタイミングが悪いといった項目が改善した。次いで「内装」(5.4ポイント減)は、カップホルダーの使いにくさや室内の不快なにおいなどで不具合指摘件数が減少したという。