PR

 三菱電機は、太陽光発電用インバーター装置やモーター駆動装置などの産業用途に向けたIGBTモジュールを開発し、2020年9月に販売を開始する(ニュースリリース)。外形寸法が100mm×140mm×40mmの共通外形パッケージ「LV100タイプ」に封止した。同社によると、「LV100タイプは、鉄道用途や電力用途で広く採用されており、汎用性が高く、高い電流密度を実現できる。今回は、これを産業用途に最適化した」という。同社独自のCSTBT(Carrier Stored Trench Bipolar Transistor)構造を採用した第7世代のIGBTと、同社独自のRFCダイオード(Relaxed Field of Cathode Diode)を1モジュールに収めた。

太陽光発電用インバーター装置やモーター駆動装置などの産業用途に向けたIGBTモジュール
太陽光発電用インバーター装置やモーター駆動装置などの産業用途に向けたIGBTモジュール
三菱電機の写真
[画像のクリックで拡大表示]

 定格電圧や定格電流などが異なる5製品を発売した。5製品の内訳は、定格電圧が1200Vで定格電流が800Aの「CM800DW-24T」、定格電圧が1200Vで定格電流が1200Aの「CM1200DW-24T」、定格電圧が1700Vで定格電流が800Aの「CM800DW-34T/CM800DW-34TA」、定格電圧が1700Vで定格電流が1200Aの「CM1200DW-34T」である。なおCM800DW-34TとCM800DW-34TAの違いは、CM800DW-34TAには特性の高いフリー・ホイール・ダイオード(FWD)を搭載した点にある。絶縁耐圧は5製品いずれも4kVRMS。内部結線はいわゆる「2in1」である。

 今回採用したパッケージであるLV100タイプは、絶縁部とCuベース部を一体化した構造を採用したためサーマルサイクル寿命を延ばせたとする。さらに内部電極構造を最適化することで、パッケージの寄生インダクタンスを減らした。このほか、交流の主電極を3端子に増やして電流を分散させ、端子の発熱を緩和して出力電力を高めたという。

 サンプル価格は、CM800DW-24Tが4万6000円、CM1200DW-24Tが6万5000円、CM800DW-34Tが4万9000円、CM800DW-34TAが5万4000円、CM1200DW-34Tが6万8000円(いずれも税別)である。