PR

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は2020年8月27日(現地時間)、健康管理サービス「Halo」を発表した。スマートフォンと連携する腕輪型端末「Halo Band」を利用して、活動量や睡眠状況を把握する。声から精神状態を推定したり、スマホのカメラ画像から体脂肪を推定したりする。一連の結果をスマホの専用アプリで管理し、健康維持や生活習慣の改善などに利用する。

 同日から、米国において、Halo Bandの注文を「アーリーアクセス」限定で受け付け始めた。希望者の中から一部の人が先行して入手できる。価格は期間限定で64.99米ドル(通常価格は99.99米ドル)。この価格には、月額3.99米ドルのサービス料が6カ月分含まれている。

HaloアプリとHalo Band
HaloアプリとHalo Band
出所:Amazon
[画像のクリックで拡大表示]

 Halo Bandには、加速度センサーや温度センサー、緑色LEDを光源とする光学式の心拍センサー、2つのマイク、操作ボタンなどを備える。マイクは、本体のボタンでオン/オフできる。90分ほどで2次電池を満充電可能で、7日間連続で利用できるという。バンドは付け替えられる。本体部の質量は18gで、バンドの質量は長さによって異なるが5.2~6gである。

Halo Bandの概要
Halo Bandの概要
出所:Amazon
[画像のクリックで拡大表示]

4枚の画像から体脂肪を高精度に推定

 大きく5つの機能を備える。「Activity」「Sleep」「Body」「Tone」「Labs」である。Activityでは、測定した活動量を「ポイント」として記録・管理する。歩数に加えて、運動の強度や継続時間などに応じて、活動ポイントを加算する。

 Sleepでは、Halo Band装着者の動きや心拍数、体温から睡眠状態を推定して記録する。Bodyでは、スマホのカメラで身体の前後左右それぞれの写真を撮影し、体脂肪率を推定する。精度は、「医師が利用する方法と同程度で、市販の体脂肪率計測機能付き体重計の2倍ほど」(Amazon)という。コンピュータービジョン技術と機械学習を活用して実現したとする。

Bodyのイメージ
Bodyのイメージ
出所:Amazon
[画像のクリックで拡大表示]