PR

 米Apple(アップル)は2020年9月1日(現地時間)、iPhone用の「iOS 13.7」の提供を開始した。「ソフトウェア・アップデート」の機能を使ってインストールできる。従来版からの最大の変更点は、一部の国・地域において、アプリをインストールしなくてもOSの標準機能として新型コロナウイルス感染症の接触通知システムを利用できるようになったことである。

iOS 13.7の接触通知機能。日本においては、現時点ではCOCOAのインストールが必須
iOS 13.7の接触通知機能。日本においては、現時点ではCOCOAのインストールが必須
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし日本においては、現時点では接触確認アプリ「COCOA(ココア)」を別途インストールする必要がある。厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部疫学・データ班の担当者は「現時点では、iOS 13.7でもCOCOAをインストールしなければ接触確認の機能が使えないとアップルから聞いている」と話す。

 同担当者は「ネット上では、COCOAをインストールしなくても接触確認機能が使えるとの誤解が広がっているようだ。COCOAをインストール済みの人はiOS 13.7にアップデートしても、くれぐれもCOCOAをアンインストールしないでほしい。まだCOCOAを利用していない場合はiOS 13.7でもインストールしていただきたい」と呼びかけている。