PR

 英Arm(アーム)は、リアルタイム処理向けCPUコア「Cortex-R」ファミリーの新製品「Cortex-R82」を発表した(日本語ニュースリリース)。64ビットアーキテクチャーを採る初めてのCortex-RファミリーのCPUコアである。RTOSやベアメタルでのリアルタイム処理に加えて、オプションでMMU(Memory Management Unit)を備えることにより64ビットLinuxを稼働させることが可能である。

Cortex-R82の主な特徴
Cortex-R82の主な特徴
Armのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の報道機関向けオンライン説明会に登壇したアーム(日本法人)の中島 理志氏(応用技術部 ディレクター)によれば、新製品のCPUコアのCortex-R82は、コンピュテーショナルストレージに最適だという。コンピュテーショナルストレージとは、これまでストレージが担ってきたデータ保存の機能に加えて、演算処理機能も備えるストレージを言う。これでCPUの負荷が軽減されたり、CPUとストレージ間の通信コストを削減できたり、といったメリットがある。

伝統的な役割であるデータの保存(左)に加えて、データの演算もこなせるのがコンピュテーショナルストレージ(右)
伝統的な役割であるデータの保存(左)に加えて、データの演算もこなせるのがコンピュテーショナルストレージ(右)
Armのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 中島氏によれば、市場にあるHDDやSSDといったストレージの85%には、Cortex-Rコアを集積する制御ICが搭載されている、という。制御ICのCPUコアをMMU付きのCortex-R82にすれば、リアルタイム制御と、Linux上のアプリケーションによるデータ処理/分析の両方がストレージ内で実行できるようになる。

 Cortex-R82は「Armv8-R64」と呼ぶ新アーキテクチャーを採る。既存のArm-Rアーキテクチャーは最新の「Armv8-R」を含めて32ビットだったが*1、Armv8-R64はArm-Rアーキテクチャー初の64ビット版である。これまで、Armアーキテクチャーで64ビット対応なのは「Armv8-A」だけだった。Armv8-Aは主にスマートフォン向けCPUコア「Cortex-Aファミリー」が採るアーキテクチャーである。

 64ビットでMMUを備えたArmv8-R64と、Armv8-Aとの違いを、中島氏は報道機関からの質問を受けて説明した。「Armv8-A(正確にはArmv8.2-A)からTrustZoneとEL(Exception level)3のサポートを除いたものがArmv8-R64である」(同氏)という。またArmv8-Aは32ビットと64ビットの両方の命令を扱えるが、Armv8-R64は64ビット命令のみとのことだった。「64ビットLinuxのアプリケーションは増えており、32ビットLinux向けのアプリケーションのサポートがなくても、大きな問題にならないだろう」(中島氏)