堀江車輌電装(東京・千代田)は、鉄道車両の整備手順書をデジタル化した。作業工程のうち、ユニットブレーキの分解・洗浄・組み立てに関する127工程の手順を収録。米マイクロソフト(Microsoft)のMR(複合現実)ゴーグル「HoloLens」を通してデジタルマニュアルを閲覧しながら作業でき、作業標準の順守や、より確実な品質管理の実施、技能伝承を図る(図1)。

図1:デジタルマニュアルの活用場面
図1:デジタルマニュアルの活用場面
「HoloLens」を装着し、デジタルマニュアルを閲覧しながら作業する。(出所:堀江車輌電装)
[画像のクリックで拡大表示]
* 堀江車輌電装のニュースリリース:http://www.horie-sharyo.co.jp/news/2020/09/02/200901/

 同社は今回、紙の手順書約20ページの内容を見直すともにデジタル化した(図2)。従来の手順書には、手順書作成時以降の手順改訂が反映されていなかったり、現場でうまく紙をめくれず使いにくかったりするなどの課題があった。加えて、記載されている作業内容以外にも熟練技術者から口頭で伝達される作業や、やり方のコツなどもあるため、内容を更新したという。

図2:作業手順書のデジタル化イメージ
図2:作業手順書のデジタル化イメージ
紙の作業手順書と熟練者が持つノウハウを集約してデジタル化した。(出所:堀江車輌電装)
[画像のクリックで拡大表示]

 本格活用に先立ち試験的に現場で使用したところ、「教育担当者が現場を離れられないとき、新人が1人でも作業内容を学べる」「作業工程の一部分だけを復習できるため、効率よく覚えられる」「手順を繰り返し確認することで技術の習得を早められる」といった声が寄せられた。工場だけでなく本社の会議室などでの研修にも利用し、社員教育の機会拡大も実現できた。

 首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備や点検を手がける同社では、若年層で技術職を選ぶ人材が減少するなど「技術承継と人材確保が喫緊の課題」(同社)になっている。作業手順書のデジタル化によって整備技術の精度を維持・向上させるだけでなく、若年層の技術職への興味を喚起する意図もあったという。デジタル化を企業としての信頼度やブランドイメージの向上につなげ、顧客の開拓や人材の獲得を目指す。

 同社はデジタルマニュアルを、作業内容を遠隔から確認・指示したり、評価したりするのにも活用していく。ユニットブレーキ以外の整備内容についても、今後3年をめどに順次、デジタルマニュアルを作成する計画。HoloLens以外のタブレット端末や各種スマートグラスなどへの対応も検討する。