PR

 NECは、LiDAR(Light Detection And Ranging)技術を利用したインフラ設備の異常検知エンジンを開発した。対象物の外観データを可視化・分析し、異常を捉える。同社は2020年10月から、東北電力ネットワーク(仙台市)の宮城管内にある変電所において同エンジンを用いた巡視点検システムを構築し、実地検証を開始する予定だ(図1)。

図1:東北電力ネットワークの変電所で実施する検証のイメージ
図1:東北電力ネットワークの変電所で実施する検証のイメージ
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]
* NECのニュースリリース:https://jpn.nec.com/press/202009/20200907_01.html

 LiDARは、レーザーなどの光を対象物に照射し、その反射光から対象物までの距離や輝度を測定する。対象物をスキャンして得た多数のポイントの座標値と、それに付随する輝度などの測定データを点群データに変換して、対象物を画像化する。NECはこの技術を応用し、異常検知エンジンを開発。同エンジンを搭載した巡視点検システムで画像を分析し、周辺と異なる輝度や過去データと異なる形状・輝度を検知して異常を知らせる。

 この仕組みでは、異常値に関するデータの学習・蓄積がなくても異常を見つけられる。そのため、不具合の発生頻度が低く、異常値のデータを収集するのが難しい設備で、巡視点検に代わる手段としての活用が期待できるという。

 同社は、東北電力ネットワーク総合研修センター(福島県相馬市)の研修用変電設備に、同エンジンを用いた巡視点検システムを導入。2019年8月から、技術検証を実施した(図2)。LiDARから20m以内に異常を模擬した環境(鳥の営巣3カ所、漏油5カ所、がいしの破損1カ所、リード線の外れ2カ所)を用意し、検証したところ、模擬異常のすべてを検知できたとしている。

図2:異常模擬環境のセットアップの様子
図2:異常模擬環境のセットアップの様子
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは、変電所での実地検証を踏まえて、2020年度中の販売開始を目指して同エンジンの改良を進める。