PR

5G上位モデルやベストセラー4G対応最新機種も

 ゲーム向けに応答性能を重視したモデルとしては、「AQUOS zero5G basic」を発表した。プロセッサーにはQualcomm製のSnapdragon 765 5Gを搭載し、シャープは「5Gエンタメスタンダードモデル」と位置付ける。

AQUOS zero5G basic(出所:シャープ)
AQUOS zero5G basic(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 6.4型の有機ディスプレーは毎秒240回の表示更新とタッチ検知に対応し、応答速度を求められるゲームに向いているとする。長時間利用を想定し、放熱設計も強化した。OSはAndroid 10を搭載。ハイエンドとミッドレンジの間の価格帯に向けた商品として、2020年秋以降に発売する。

 4G対応モデルとしては、5.8型の「AQUOS sense4」と、6.7型の「AQUOS sense4 plus」の2機種を発表した。300万台を出荷した人気モデル「AQUOS sense3」の後継機種と位置付ける。

AQUOS sense4(出所:シャープ)
AQUOS sense4(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]
AQUOS sense4 plus(出所:シャープ)
AQUOS sense4 plus(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーにはゲーム向けにGPU性能などを強化したSnapdragon 720Gを搭載。メモリーはAQUOS sense4が4GB、AQUOS sense4 plusは8GBを搭載する。OSはAndroid 10で、2020年秋以降に発売する。