PR

 シャープは2020年9月11日、オンラインで新製品発表会を開き、AQUOSシリーズのスマートフォン新製品4機種を発表した。

シャープが5Gスマホ2機種など、合計4機種を発表(出所:シャープ)
シャープが5Gスマホ2機種など、合計4機種を発表(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 発表したのは5G対応の「AQUOS zero5G basic」「AQUOS sense5G」、4G対応の「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」の合計4機種。2020年秋以降に順次発売する。取り扱いキャリアについては後日発表予定としている。

AQUOS sense初の5Gモデルが登場

 ミッドレンジのAQUOS senseシリーズは、累計出荷台数が700万台を超える人気シリーズとする。その初の5G対応モデルとして「AQUOS sense5G」を発表した。日常生活に役立つ「普通の5G」を目指し、「レスポンス」「電池持ち」「使いやすさ」の3点を重視したという。

AQUOS sense5G(出所:シャープ)
AQUOS sense5G(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 5G対応のプロセッサーとして、Qualcomm製のSnapdragon 690 5Gを、メモリーは4GB、ストレージは64GBを搭載する。画面は5.8型のIGZO液晶、バッテリー容量はAQUOSシリーズ史上最大とする4570mAh。電池持ちは普段使いで1週間、5G通信を利用した動画再生では12時間とした。

 5Gの高速、大容量通信を生かす新機能として、家に帰ったときに自動的にテザリングを有効化する「テザリングオート」を搭載。無制限プランなどを用いて、PCやタブレットからスマホの5G通信を利用することを想定したとする。

 他にも新機能として、動画を見ながら別のアプリを使える画面の上下2分割や、指紋センサーを長押しすることで決済など任意のアプリを起動できる「Payトリガー」を新たに搭載した。

決済アプリなどを起動する「Payトリガー」(出所:シャープ)
決済アプリなどを起動する「Payトリガー」(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 本体にはGoogleアシスタントをすぐに起動できるキーを搭載。防水・防塵性能を備え、FeliCaによるおサイフケータイにも対応する。外形寸法は約148×71×8.9ミリメートル(暫定値)、重量は未定としている。

 OSには、米Googleがリリースしたばかりの最新バージョン「Android 11」を搭載。企業利用を想定した「Android Enterprise Recommended」にも対応する。従来のAQUOS senseシリーズに近い価格帯で、2021年春に発売する。