PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は2020年9月15日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」を9月17日に刷新すると発表した。通信容量を増やすなどサービスの強化を図るとともに、J:COMの未加入者もJ:COM MOBILEにオンラインで加入できるようにし、iPhone SE(第2世代)の販売も開始する。これらにより、ケーブルテレビの利用者に限らず、若い世代を含めて幅広く商品の魅力をアピールしていく方針である。

 サービス面では、まず基本データ通信容量の増量や容量超過後の最大通信速度の増速などといったサービス強化を図る。基本データ通信量は、料金はそのままで0.5GBプランが1GB、3GBプランが5GBとなる。10GBプランと20GBプランでは、容量を超えた後の最大通信速度が200kbpsから1Mbpsへ増速する。

「J:COM MOBILE」の新プラン
「J:COM MOBILE」の新プラン
(発表会の資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 9月17日からはiPhone SE(第2世代)を扱う。10Gコースの場合に端末代金込みで月額2980円から利用できる。

iPhone SE(第二世代)を提供
iPhone SE(第二世代)を提供
(発表会の資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 未加入者がオンラインで「J:COM MOBILE」に加入できるようになるのは9月24日から。24時間365日いつでも申し込みを完結できるようにする。

 2020年10月1日には、公衆無線LANサービスとして「ギガぞう Wi-Fi」に加えて、「au Wi-Fiスポット」が利用できるようにする。これにより利用できる無線LANスポット数が6万から10万に増える。

 これまでJ:COM MOBILEは、ユーザーのうち60代以上が約6割を占めるなど、シニア層から高く評価されてきた。J:COMの石川雄三社長は、この日の会見で、「今回思い切った料金設定を行った。ぜひ若い方々にも知ってもらいたい」と新生「J:COM MOBILE」への意気込みを語った。