PR

 米アップルは2020年9月15日(米国時間)、オンラインで新製品発表イベントを開き、iPadやApple Watchの新モデルを発表した。日本を含む世界各国で2020年9月18日より順次発売する。

アップルが第4世代「iPad Air」など新製品を発表
アップルが第4世代「iPad Air」など新製品を発表
(出所:米アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadの新製品は、新しく設計した第4世代「iPad Air」、プロセッサーを強化した第8世代「iPad」の2機種。スマートウオッチは新モデル「Apple Watch Series 6」と、廉価版「Apple Watch SE」を発表した。

 新サービスとしては、ストレージの「iCloud」や音楽配信サービス「Apple Music」など複数のサービスをセットにしたサブスクリプション「Apple One」を日本でも提供する。

 録画済みの動画には、米アップルCEOのティム・クック氏が登壇。コロナ禍の中でリモートワークや在宅学習など工夫しながら生活する人々に向けて、「今後もアップルは人々の生活を豊かにする製品を提供し続ける」と語りかけた。

米アップルCEOのティム・クック氏
米アップルCEOのティム・クック氏
[画像のクリックで拡大表示]

iPad Air、最新プロセッサー「A14 Bionic」搭載

 第4世代となるiPad Airは完全に新しく設計したという。画面は10.9型、解像度は2360×1640ドットで、iPad Proのようにホームボタンのない全画面デザインを採用した。

iPad Air。ホームボタンのない全画面デザインを採用
iPad Air。ホームボタンのない全画面デザインを採用
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーには「A14 Bionic」を初めて搭載した。製造プロセスは5ナノメートルで、4つの省電力コアと2つの高性能コアの6コア構造を採用した。ニューラルエンジンは16コアで、機械学習用のアクセラレーターも搭載し、AI処理能力を向上させたとする。

初めて搭載した最新の「A14 Bionic」プロセッサーに関する説明スライド。AI処理能力を向上させたという
初めて搭載した最新の「A14 Bionic」プロセッサーに関する説明スライド。AI処理能力を向上させたという
[画像のクリックで拡大表示]

 顔認証には対応しないが、指紋認証の「Touch ID」を本体上部の電源ボタンに統合した。ペンは第2世代Apple Pencilに対応し、側面の磁気コネクターで充電できる。背面にはSmart Connectorを備えており、キーボードは「Magic Keyboard」と「Smart Keyboard Folio」の両方に対応する。

Touch IDを電源ボタン(中央画像)に統合
Touch IDを電源ボタン(中央画像)に統合
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラはフロントが700万画素、リアが1200万画素。USBポートにはUSB-Cを採用した。本体カラーはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色を展開。OSは最新の「iPadOS 14」を標準で搭載する。

 ストレージ容量は64GBまたは256GBで、従来通りWi-Fi版かLTE通信に対応したセルラー版を選択できる。日本での価格は64GBのWi-Fiモデルが6万2800円(税別)から、発売時期は2020年10月となっている。

 スタンダードモデルの「iPad」も第8世代に進化した。プロセッサーには「A12 Bionic」を搭載し、処理能力が向上したことを大きな特徴としている。ストレージは32GBまたは128GBで、Wi-Fi版とセルラー版から選択できる。日本での価格は32GBのWi-Fiモデルが3万4800円(税別)からとなっている。