PR

 セブン―イレブン・ジャパンは2020年9月16日、全国2万店超のコンビニエンスストアのPOS(販売時点情報管理)データなどをリアルタイムで収集し分析するためのデータ活用基盤「セブンセントラル」を構築したと明らかにした。米Google(グーグル)のパブリッククラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」を採用し、9月1日に運用を始めた。

 グーグル・クラウド・ジャパンが主催する「Google Cloud Data Platform Day」の基調講演で明らかにした。セブン-イレブン・ジャパンの西村出システム本部副本部長は、「今後DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めるにはデータ利活用が不可欠になる。セブンセントラルはそのための基盤だ」と説明。POSデータのほか、基幹システムにある商品のマスターデータなどと連携する。具体的なデータ活用方法は明らかにしていないが、次世代の店舗システムの開発や顧客向けサービスの創出などに生かす方針という。

 システムの投資額は非公表。「通常(のシステム開発に)かかる費用と比べると、4分の1か5分の1程度の価格で実現できた」(西村副本部長)。セブン―イレブン・ジャパンは今後も順次セブンセントラルで収集するデータを増やしていく計画だ。