PR

 アマゾンジャパンは2020年9月15日、Amazonの子ども向けサブスクリプションサービス「Amazon FreeTime Unlimited」と、保護者向けペアレンタルコントロールアプリ「FreeTime」の名称を変更したと発表した。

 FreeTime Unlimitedの名称は「Amazon Kids+」に、FreeTimeは「Amazon Kids」に改めた。利用できるコンテンツや月額料金に変更はない。

 FreeTime Unlimitedではこれまで日本で子ども向けの動画や電子書籍といった数千点のキッズコンテンツを、FreeTimeでは保護者に対し子どもの利用状況の把握や管理が可能なペアレンタルコントロールができる環境を提供してきた。アマゾンジャパンは今回の名称変更について、「サービスの開始以来、コンテンツのジャンルや対応機種の幅を拡大してきた。幅広くなったサービス内容を反映し、ユーザーにより親しんでもらえるようにするため新たな名称を採用した」と説明している。