PR

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2020年9月17日、Androidスマートフォンの新製品「Xperia 5 II」を発表した。Xperia 1 IIに次ぐ5G対応の上位機と位置づける。2020年秋以降、日本を含む世界各国で発売する。

ソニーモバイルが発表した「Xperia 5 II」
ソニーモバイルが発表した「Xperia 5 II」
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

120Hz駆動に対応、Googleアシスタント専用ボタンも

 新製品であるXperia 5 IIは、2019年に発売した「Xperia 5」の後継機種。ソニーのAV技術を手ごろなサイズに凝縮したモデルとして、フラグシップ機「Xperia 1 II」から主要な機能を受け継いでいる。高速なタッチ検出や残像を押さえる技術を搭載してゲーム性能を強化した。

 カメラは「α」シリーズの高速撮影性能として、毎秒20コマの高速連写や毎秒60回のAF/AE演算を搭載。レンズの焦点距離は35mm換算で16、24、70mmとなり、ツァイスの「T*(ティースター)コーティング」を採用する。ただし、Xperia 1 IIとは異なり暗い場所でも物体を立体的に検知する「3D iToFセンサー」は搭載しない。

トリプルレンズカメラを搭載
トリプルレンズカメラを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 独自のアプリとして、写真用の「Photography Pro」と動画用の「Cinematography Pro」を搭載。動画の4K HDR撮影では、毎秒120コマのスローモーションに対応し、ソニーモバイルによればスマートフォンとして世界初としている。

 画面は6.1型の2400×1080ドット(FHD+) HDR有機ELディスプレーを搭載。画面を2分割して2つのアプリを同時に使える機能や、アプリの切り替えがしやすいマルチウィンドウスイッチ機能に対応する。

 画面のリフレッシュレートはXperia 1 IIを上回る120Hz駆動に対応した。Xperia 1 IIは画面解像度が4Kのため難しかったが、Xperia 5 IIではFHD+解像度のため実現したとしている。

 本体上面には3.5mmのイヤホンジャックを搭載。本体下部のスピーカーは前面に移動したことで音質が向上したとする。音楽CDなどの音源をAIによる分析でハイレゾ相当にアップスケールする「DSEE Ultimate」にも対応する。

Xperia 5(左)とXperia 5 IIの上面。3.5mmのイヤホンジャックが復活した
Xperia 5(左)とXperia 5 IIの上面。3.5mmのイヤホンジャックが復活した
[画像のクリックで拡大表示]

 本体側面には、新たに「Googleアシスタントボタン」を搭載した。指紋センサーとカメラボタンの間に位置しており、長押しすることでGoogleアシスタントを起動できる。

側面に「Googleアシスタントボタン」を搭載
側面に「Googleアシスタントボタン」を搭載
[画像のクリックで拡大表示]