PR

 次世代ゲーム機の発売日と価格が出そろった。米Sony Interactive Entertainment(SIE)は2020年9月16日(現地時間)、次世代機「PlayStation 5(PS5)」の発売日や価格を明らかにした。PS5は、光ディスクドライブを搭載した標準機種と、非搭載の「デジタル・エディション(Digital Edition)」の2機種を用意する。安価なDigital Editionは399.99米ドル(日本では3万9980円、欧州では399.99ユーロ)、標準機種は499.99米ドル(同4万9980円、同499.99ユーロ)である。発売は共に同年11月12日からである。

PS5の外観。右側の本体が光ディスクドライブを搭載したモデルで、左側が非搭載モデル(出所:SIE)
PS5の外観。右側の本体が光ディスクドライブを搭載したモデルで、左側が非搭載モデル(出所:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]

 PlayStationにとって、399米ドルは「マジックプライス」に相当する価格である。例えば現行機PS4の発売当初の価格は399米ドルで、事前の予想を下回る価格だったこともあり、発表された当時はゲームユーザーから熱烈に歓迎された。VR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「PlayStation(PS) VR」も、発売当初の価格は399米ドルだった。

 PS5の競合である米Microsoft(マイクロソフト)のXbox次世代機は、PS5よりも先に価格と発売日を発表済みである。PS5と同じく、光ディスクドライブを備える「Xbox Series X」と、同ドライブ非搭載の「Xbox Series S」の2機種がある。それぞれ店頭予想価格は499米ドル(ベストバイでは499.99米ドル)と299米ドル(同299.99米ドル)である。

 Series Sの価格がPS5のDigital Editionに比べて安価なのは、グラフィックス性能などに差があるからだ。例えばPS5の2機種と、Xbox Series Xは4K映像のゲームに対応するが、Series Sは1440p(2560×1440画素)にとどまる。一方で、ハードウエア性能が近いPS5の標準機種とSeries Xは同額である。

 発売日もほぼ同じ。Series XとSeries Sは共に11月10日発売である。