三井化学は2020年9月15日、プラスチック廃棄物の再利用促進技術の研究を長岡技術科学大学と共同で開始した。再利用しやすくするために、加熱溶融したプラスチックの流動性をインラインで計測・制御し、再生プラスチックの品質を安定化させる技術を3年計画で開発する。

長岡技術科学大学(出所:三井化学)
長岡技術科学大学(出所:三井化学)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラスチック廃棄物は、様々な種類のプラスチックの混合物である場合が多い。そのため、マテリアルリサイクルとして加熱加工する際、加熱溶融したプラスチックの流動性が一定にならず、得られる再生プラスチックの流動性や品質を一定に維持できない、あるいは用途が限定されるといった問題を抱えていた。

 三井化学と長岡技術科学大学はいずれも環境技術に力を注いでいる。三井化学は、2018年4月にESG(環境・社会・ガバナンス)推進室を設置するなど、ESG要素を経営戦略に積極的に取り込んでいる。一方、長岡技術科学大学は同年に国際連合から国連アカデミック・インパクトにおけるSDGs(持続可能な開発目標)のゴール9(産業と技術革新の基盤をつくろう)のハブ大学に任命された。ハブ大学はSDGsの各ゴールにつき世界で1大学のみが任命されるもの。東アジアでは同大学が唯一のハブ大学だという。