PR

 中国Huawei Technologies(ファーウェイ)は2020年9月10日、中国China Unicom(中国聯合通信)の協力を得て、業界初とする屋内5G向け分散対応Massive MIMO技術の実証実験を行ったと発表した(Huaweiのニュースリリース)。Massive MIMO技術と屋内向け5G基地局を統合し、分散型の5Gデジタル装置が抱える技術的・環境的な制限を解除する。同技術を用いた今回の試験では、Cバンドの帯域幅100MHzを利用して最大4.7Gビット/秒(bps)のピーク時性能を確認した。

出所:Huawei
出所:Huawei
[画像のクリックで拡大表示]

 中国で5Gが商用開始されてから約1年が経過し、5Gユーザー数も急増している。5Gを使った4Kストリーミングや5Gスマートトラベル、5Gスマートマニュファクチャリング、5Gヘルスケアなど、各種産業での活用も進んでいる。

 業界の新サービス開発に向けて、HuaweiとChina Unicomは中国北京にて新プロジェクト「5G Capital」を始めている。個々のモバイルユーザーに高品質の体験を提供する5Gネットワークの構築と同時に、技術と経験を生かして、産業のデジタル化も支援していく。同プロジェクト発の革新的な技術の1つが今回の屋内向け5G分散Massive MIMOである。5G Massive MIMO技術と屋内型基地局「LampSite」を統合し、屋内のセル容量を大幅に改善し、高度なユーザー体験と大容量通信を実現する。

 今回の実証実験は中国国家大劇院(China's National Center for the Performing Arts、NCPA)にて行われた。複数の端末を使いながら、下りリンク時のピークレート4.7Gビット/秒を確認した。このように、混雑した屋内でも高解像度動画の送受信に対応可能としている。

 Huaweiは同技術が屋内5G大容量通信に向けた新しいトレンドになるとする。例えば輸送拠点や大規模イベント会場といった高密度・高負荷通信が発生する場所に向けたネットワークの中核になる。スマートスタジアムやスマートキャンパス、スマートエデュケーションなど、社会的価値を高める新しいサービス開発にも貢献する。