PR

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は2020年9月24日(現地時間)、ハードウエア新製品群のオンライン発表会を開催した。目玉の1つがスマートスピーカー(AIスピーカー)「Amazon Echo」(以下、Echo)の新製品である。外観デザインを球状に大幅刷新したほか、独自プロセッサー搭載や機械学習機能の強化などで、音声対話機能「Alexa」の性能を向上させた点が特徴だ。

新しいEcho
新しいEcho
(出所:Amazon.com)
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいEchoは、機械学習の推論処理向上のために、新たに「AZ1 Neural Edge processor」(以下、AZ1)と呼ぶ独自プロセッサーを搭載した。加えて、新しい音声認識モデルを採用。これらによってAlexaの音声対話応答にかかる時間を短縮したという。この機能は現在米国のみの対応。具体的な日時は未定だが今後、日本でも提供を始める予定である。

独自プロセッサーを搭載
独自プロセッサーを搭載
(出所:Amazon.com)
[画像のクリックで拡大表示]

 スピーカーの音質も向上した。Echoが設置された空間の音響特性を把握し、音質を調整する機能を新たに追加した。

 新しいEchoは、ZigBee対応の「スマートホームハブ」機能も搭載した。BLE(Bluetooth Low Energy)の通信機能も備える。IoT機器に向けのAmazon独自の900MHz帯を使った通信機能「Sidewalk」に対応する。