PR

 NTTは、上場子会社のNTTドコモを完全子会社化する方針を固めた。株式の公開買い付け(TOB)を実施し、一般株主が持つ3割強の株式を取得する。投資額は4兆円規模にのぼる見込みだ。

 両社は2020年9月29日朝、同日に開く取締役会で決定した場合に速やかに公表すると発表した。NTTはドコモ株の66.2%を保有している。残り約34%の株式をTOBで取得する。TOBが実現すればドコモは上場廃止となる見通しだ。

 菅義偉首相は携帯電話料金の値下げを目玉政策の一つに掲げている。NTTはドコモを完全子会社化しグループ一体となって経営の効率化を進め、値下げに対応する考えだ。

 NTTドコモ広報は「現時点で何か決定した事実はなく、開示すべき事項が発生した場合には速やかに公表する」とした。NTT広報はコメントを差し控えた。