Shopify Japanは2020年9月29日、ECプラットフォーム「Shopify」の新機能についてオンラインで説明会を開き、新機能を搭載した「Shopify POS」や他のプラットフォームからの移行ツールを日本国内のEC事業者向けに発表した。

Shopify POSを日本市場に本格展開

 説明会にはShopify Japanカントリー・マネージャーのマーク・ワング氏が登壇。グローバルでShopifyを利用する事業者数は100万以上、Shopify上での2020年上期の総売り上げは5兆円とした。日本においても新規ストアの開設数やShopify上での売り上げが2020年は大幅に伸びているという。

Shopify Japanカントリー・マネージャーのマーク・ワング氏
Shopify Japanカントリー・マネージャーのマーク・ワング氏
(出所:Shopify Japan、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
Shopifyのグローバルでの実績
Shopifyのグローバルでの実績
[画像のクリックで拡大表示]

 POS機能である「Shopify POS」は、2020年5月にグローバルで発表した最新版の提供を日本でも本格的に始める。オンラインとオフラインで在庫の一元管理ができる点などが特徴となる。無料版の「Shopify POS Lite」に加え、規模の大きい事業者向けには「Shopify POS Pro」を月額89ドルで提供する。

Shopify POSを日本で本格展開
Shopify POSを日本で本格展開
[画像のクリックで拡大表示]

 Shopify POS Proでは、店舗スタッフごとに権限を設定できる機能を追加。売り上げデータへのアクセスや商品の値引き権限をスタッフごとに設定できる。

 新たに店頭受取にも対応した。商品の準備ができたら顧客に通知し、受取時にはPOSで処理できる。飲食店などでの利用を想定した。