PR

 楽天メディカルジャパンは2020年9月29日、同社のがん治療法に関して、国内で承認を受けたと発表した。発表会に出席した同社の三木谷浩史会長は「今後もがんを克服するという壮大な夢を目指し、1人でも多くの患者さんに1つでも多くの選択肢を届けたい」と決意を語った。

(左から)楽天メディカルジャパン社長の虎石貴氏、同会長の三木谷浩史氏、治療法を開発した米国立衛生研究所の主任研究員である小林久隆氏
(左から)楽天メディカルジャパン社長の虎石貴氏、同会長の三木谷浩史氏、治療法を開発した米国立衛生研究所の主任研究員である小林久隆氏
[画像のクリックで拡大表示]

 今回厚生労働省より承認を得たのは、がん治療用の医薬品「アキャルックス」と、医薬品と組み合わせて使う医療機器でレーザー光を照射する「BioBladeレーザシステム」である。

 アキャルックスはあるタイプのがんに多く発現している上皮成長因子受容体(EGFR)に結合する抗体(セツキシマブ)と、レーザー光に反応する光感受物質が結合した医薬品。アキャルックスを患者に点滴投与することで光感受物質ががん細胞に集積する。その後約20時間から28時間後に医療機器のBioBladeで波長690nmのレーザー光を照射。光感受物質を反応させてがん細胞を殺傷する。