PR

 楽天モバイルは2020年9月30日、5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスを同日付で開始すると発表した。月額料金は4Gサービスと同じ税別2980円。大手3社の半額以下という安さを打ち出し追い上げを図る。

楽天モバイルが5Gの商用サービス開始を発表した
楽天モバイルが5Gの商用サービス開始を発表した
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」で4G、5Gサービスいずれも利用可能。楽天の自営サービスエリアで5G回線のデータ通信が使い放題となる。同社回線への新規契約から1年間は基本料無料とするキャンペーンも4Gサービスと同様に適用する。併せて同社は、税込み6万9800円の5G対応スマートフォン「Rakuten BIG」を発表した。

 5Gサービスで先行するNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社の大容量プランや使い放題プランは、割引前の月額料金が税別7000~8000円台となっている。三木谷浩史会長兼社長は記者会見で「他社の5Gプランより71%安く、家族4人が4年間使う場合100万円以上安くなる」とアピールした。楽天モバイルは自営の通信サービス参入当初から、ネットワークの仮想化(NFV)の全面導入などで設備投資を抑え通信料金を安くするとしており、5Gでも同様の方針で消費者への訴求を図る。