PR

 米NVIDIA(エヌビディア)は2020年10月5日(現地時間)、「DPU(Data Processing Unit)」と呼ぶプロセッサーの新製品「NVIDIA BlueField-2」ファミリーや製品ロードマップを明らかにした。同社はDPUをアーキテクチャー「DOCA」を採る新種類のプロセッサーとし、今後のデータセンターに「必要不可欠な要素」(同社)とする。同社は、DPU向けのソフトウエア開発キット(SDK)「DOCA SDK」も発表した。DOCA SDKを、「GPUにおけるCUDAのようなもの」(同社)と説明する。

BlueField-2搭載のボード製品
BlueField-2搭載のボード製品
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]
DOCAの概要
DOCAの概要
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 DPUは、ネットワークやストレージ、セキュリティー関係のタスクをCPUからオフロードして処理するためのもの。従来、CPU側で行ってきた「Software Defined Network(SDN、ソフトウエア定義ネットワーク)」や「Software Defined Storage(SDS、ソフトウエア定義ストレージ)」といったインフラストラクチャー関係のソフトウエア処理をDPUが担う。NVIDIAは米Mellanox Technologies(メラノックステクノロジーズ)を買収し、同社が手掛けてきたNIC(Network Interface Card)やそれに搭載したSoCを製品に加えた。このNICやSoCをSDNやSDSなどの処理まで担えるように拡張したのがDPUである。

左が従来のサーバーの構成、右がDPU採用の構成
左が従来のサーバーの構成、右がDPU採用の構成
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 製品名にある「BlueField」はもともと、MellanoxのArmコア搭載のSoCの名称で、ネットワークやストレージに向けた製品だった。買収後も、DPUにその名称を継承している。