PR

 米NVIDIA(エヌビディア)は2020年10月5日(現地時間)、ロボットやドローン、AI(人工知能)処理に向けたボード型コンピューター「Jetson」シリーズの新製品「Jetson Nano 2GB」を発表した。特徴は、新製品のボードを含む開発キットの価格が59米ドルと安価なこと。99米ドルと安価なことで注目された2019年発売の「Jetson Nano」の開発キットに比べても、約40%安い。2020年10月末ごろから出荷する予定だ。

「Jetson Nano 2GB」
「Jetson Nano 2GB」
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 Jetson Nano 2GBは、Jetson Nanoに比べてハードウエアの構成に違いがあるもののわずかで、AIに関する演算処理性能に大きな差はないという。ハードウエアの安さだけでなく、豊富な開発環境も特徴にうたう。

 NVIDIAはJetson Nano 2GBを、深層学習やAIについてゼロから学びたい技術者だけでなく、大学生や高校生なども含めた、幅広いユーザーに向ける。深層学習などについて学べる教育プログラムも提供。認証プログラムも用意し、試験にパスすると修了証をもらえる。

 NVIDIAによれば、2014年の発売以来、エッジ用AI(人工知能)コンピューターであるJetsonシリーズを利用する開発者は順調に増えて、2019年3月時点で20万人に達した。このころ、小型ロボットに向けたJetson Nanoの販売を開始したことで増加の勢いが増し、2020年10月で70万人になったという。今回のJetson Nano 2GBで、さらにその数を増やしたい考えである。

Jetsonシリーズの変遷
Jetsonシリーズの変遷
(出所:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]