PR

 島津製作所は2020年10月2日、生理信号や表情などから心理状態を解析するマルチデバイス感性計測システム「HuME(ヒューム)」(Human Metric Explore)の試用版の提供を開始すると発表した。同社は「HuME」の提供を通じて、感性計測技術の社会実装を目指す。

「HuME(ヒューム)」の画面イメージ
「HuME(ヒューム)」の画面イメージ
(出所:島津製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 「HuME」は心拍や心電、脳波、発汗などの生理信号から人間の心理状態を分析するシステム。生理信号以外にも画像から得られる表情や瞳孔の開き具合、集中力、悩みなど様々なデータをまとめて解析できる。

 これまで感性計測分野の研究では、機器の連携やデータ統合に時間や手間がかかることが課題とされてきた。HuMEは取り扱うデータの種類に制限がなく、目的に応じた計測機器を簡単に組み合わせて解析できる。HuMEの試用版では、島津製作所が開発したウエアラブル型の感情推定デバイスと市販の脳波計などの機器を連携して使える。

感情推定デバイス
感情推定デバイス
(出所:島津製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 感情推定デバイスは、京都大学の佐藤弥准教授らが開発した技術が基盤となっている。口角や眉の表情筋を動かす筋電位をもとに「快」と「不快」の度合いを、発汗などの生理現象から「活性」と「不活性」の度合いを定量化し、感情を推定する。

 「HuME」が実用化されれば、新しい商品やサービスの開発に応用できるとしている。例えば買い物時の感情変化を解析することで、消費者自身も気付いていない潜在的なニーズを新規に発見し、製品や施設の改善につなげられる可能性がある。