PR

 トヨタ自動車と日野自動車は2020年10月5日、北米向けにクラス8の燃料電池大型トラックを共同開発すると発表した。トヨタの北米法人であるToyota Motor North America(TMNA)と日野自動車の米国販売子会社、日野モータース セールス U.S.A.(米国日野販売)、生産子会社の日野モータース マニュファクチュアリング U.S.A(米国日野製造)が共同で取り組む。

トヨタ自動車と日野自動車が共同開発するFC大型トラックのイメージ
トヨタ自動車と日野自動車が共同開発するFC大型トラックのイメージ
(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 日野の北米モデル「XLシリーズ」にトヨタの燃料電池技術を組み合わせる。最初の試作車両は2021年前半に開発し、評価を進める。両社は2020年3月に日本向けに25トンクラスの燃料電池大型トラックの開発でも協力している。今回の米国向け燃料電池大型トラックの開発は、国内での協力をさらに拡大させたもの。

 陸上輸送で多く使われているクラス8の大型トラックは、十分な航続距離と積載量、短時間での燃料供給が求められる。そのため、大型トラックをゼロエミッション化するには電気自動車(EV)より燃料電池車のほうが適していると考えられている。