PR

ヒートシンクも大きい

 そして、大型のヒートシンクを取り出した。PS3やPS4と同様にヒートパイプを利用しているものの、形状やエアフローの工夫によって、ベイパーチャンバーと同等の冷却性能を達成したという。

ヒートシンクを取り出す
ヒートシンクを取り出す
(出所:SIE公式の分解動画)
[画像のクリックで拡大表示]
ヒートシンクにはヒートパイプを利用
ヒートシンクにはヒートパイプを利用
(出所:SIE公式の分解動画)
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に、電源ユニットなどを取り外して、一通りの分解を終えた。電源ユニットの定格電力は350Wだという。なお、現行のPS4の消費電力は最大165W、PS4 Proは同300Wである。

電源ユニットを取り出す
電源ユニットを取り出す
(出所:SIE公式の分解動画)
[画像のクリックで拡大表示]
分解を一通りの分解を終え、取り出したユニットや部品などを並べた
分解を一通りの分解を終え、取り出したユニットや部品などを並べた
(出所:SIE公式の分解動画)
[画像のクリックで拡大表示]