PR

 スカパーJSATホールディングスの子会社であるスカパー・カスタマーリレーションズ(SPCC)は、有料多チャンネル放送サービス「スカパー!」のカスタマーサポート業務において、在宅勤務オペレーターによるコールセンターの運営を開始する。全国でコールセンターアウトソーシング事業を展開するベルシステム24と連名で2020年10月14日に発表した。

 ベルシステム24のクラウド型コールセンターシステム「BellCloud」などクラウド技術を活用した在宅コールセンターシステムによって、在宅でのコールセンター業務を可能にする。同システムは、電話・チャット・LINEなどで毎年400万件以上のカスタマーサービスを行うSPCCの個人情報保護基準を満たすように設計されており、強固なセキュリティーを確保した運用が可能という。

 オペレーターは、会社が貸与したパソコンを使用し、クラウド型仮想デスクトップ環境からAmazon Web Services(AWS)経由でBellCloudに接続したり、SPCCが所持する顧客データベースを参照したりすることができる。在宅勤務ならではのセキュリティー対策として、シンクライアント端末によるファイル保存制限や、オペレーター本人以外の顔を検知した際にパソコン画面がブラックアウトする顔認証などを用いて、セキュアな環境の実現を図る。

在宅コールセンターのシステム構成
在宅コールセンターのシステム構成
(発表資料)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずSPCCの自社拠点から導入を開始する。2020年10月下旬からは、ベルシステム24が受託するコールセンター拠点でも順次在宅勤務を開始する。