PR

 業界団体であるフィッシング対策協議会は2020年10月15日、「2回目の特別定額給付金」をかたるフィッシングサイトを確認したとして注意を呼びかけた。偽メールに記載されたURLにアクセスすると、総務省が運営する特別定額給付金の特設サイトにそっくりの偽サイトに誘導される。

総務省の特別定額給付金の特設サイトそっくりに作られたフィッシングサイト
総務省の特別定額給付金の特設サイトそっくりに作られたフィッシングサイト
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同日時点で2回目の特別定額給付金の給付が決まった事実はない。フィッシング対策協議会はセキュリティー組織のJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)に対して、偽サイト閉鎖のための調査を依頼中だという。

 総務省も同日午後0時過ぎにTwitterの公式アカウントで「本日、総務省をかたるメールアドレスから、2回目の特別定額給付金の特設サイトを開設した旨のメールが送られてきたとの情報がありました。当該メールは総務省・国の機関によるものではありませんので、メールに記載のリンクには決してアクセスしないようご注意ください」と注意喚起している。