PR

 ジュピターテレコム(J:COM)のグループ会社であるジェイコム少額短期保険は2020年10月15日、ネットトラブルに備える補償とサービスを組み合わせた「ネットあんしん保険」の販売を11月1日に開始すると発表した。J:COMが提供する少額短期保険(いわゆるミニ保険)の第1弾である。

 ネットあんしん保険では、インターネットを通じて他人との間に発生したトラブルの対応・解決のために要した弁護士費用などを補償する。日本弁護士連合会と提携し、居住地域などから弁護士を紹介する。その上で法律相談費用(支払限度額10万円)、弁護士費用(費用の70%、同100万円)、また意図せず損害賠償を求められた際の賠償責任(同100万円)に対して補償する。

 インターネット利用が増加し、ネットオークションやフリマアプリなど個人同士の取引拡大を受け、ネットトラブルは拡大傾向にある。通販サイトでの詐欺被害やSNSでの誹謗中傷に巻き込まれるケースもある。こうした様々なネットトラブルに対応する。実際にネットトラブルに遭遇した場合や不安を感じた際にまず電話で相談ができる契約者向けの窓口も設置する。

 加えてスマートフォンやパソコンに保存されたデータが消失または損傷した際にデータ復旧費用(支払限度額6万円)に対して補償する。信頼できる業者と提携し、機器回収からデータ復旧までワンストップで対応する。

 月額保険料は750円。同居する家族も補償対象になる。J:COMのサービスへの未加入者も契約は可能。