PR

 東京証券取引所は2020年10月19日、株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」で2020年10月1日に発生したシステム障害について、詳しい発生原因を発表した。「共有ディスク装置」と呼ぶNAS(Network Attached Storage)のマニュアルに不備があり、設定値が本来意図した機能を果たさず、NASの故障時にバックアップ機に切り替わらなかった。

 今回の障害ではNASの1号機でメモリーカードに対して読み書きできない部品故障が発生し、2号機に切り替わるはずが切り替わらなかった。東証が詳しい原因についてarrowheadを構築した富士通と調査した結果、マニュアルの不備が分かった。故障時の切り替えについて、マニュアルには設定値の「ON」が「即時切り替え」、「OFF」が「15秒後に切り替え」と記載してあったが、実際の「OFF」は「切り替えない」という動作だった。東証と富士通は「NAS故障時に30秒以内の切り替え」を要件にしていたためOFFに設定していた。

 マニュアルに不備があった理由は、NASの製品仕様が変わった際に、その変更をマニュアルに反映し漏れたからだ。2015年9月にarrowheadを2代目に刷新した際、反映し漏れた。富士通はNAS出荷時、初期値の「ON」の動作をテストしたものの、「OFF」の動作をテストしなかった。現在のarrowheadは2019年11月稼働の3代目だがマニュアルの不備が残ったまま稼働・運用していた。

 東証が再発防止に向け、システムの障害対応やルール整備の在り方を検討する「再発防止検討協議会」を設置する。協議会では、システム障害の当日中に売買を再開するためのルールや、売買再開に向けた手順などを検討・整備する。メンバーは証券会社や投資家、システムベンダーなどから15~20人を集める。2020年10月内に第1回を開く。

 東証の発表を受けて富士通も同日、障害の原因と対策について発表した。今回のNASはOEM(相手先ブランドによる生産)製品であるものの、「出荷品質の責任は当社にある」としたうえで、マニュアルの不備やテストで問題を検出できなかった点について「当社の試験・確認が不十分であった」とした。

東証システム障害に関する記事まとめ(随時更新):
東証システム障害で何が起こったのか、15年分の苦闘総ざらい