PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)、キングレコード、コルグ(KORG)の3社は2020年10月20日、4K映像とDSD(5.6MHz/1ビット)あるいはPCM(192kHz/24ビット)のハイレゾ音源フォーマットでインターネットライブ配信を行う実証実験を10月25日に実施すると発表した。

 キングインターナショナルおよびキング関口台スタジオの協力を得て、音楽専用レコーディング・スタジオ「キング関口台スタジオ」で行う演奏をライブ配信する。4K映像とこうしたハイレゾ・オーディオという大容量のコンテンツを同時にインターネット経由でライブ配信するという取り組みは、世界初の技術的チャレンジという。

 今回の実証実験では、コルグが開発したインターネット動画配信システム「Live Extreme」を使用する。IIJのバックボーンおよびCDN(Content Delivery Network)を経由して配信する。

IIJ、キングレコード、コルグの3社は今回の実証実験の結果を受けて、今後、4K映像とハイレゾ・オーディオを組み合わせたインターネットライブ配信のビジネス展開を検討していく。

 今回のライブ配信には、NHK交響楽団の首席ホルン奏者である福川伸陽氏やピアニストの阪田知樹氏が出演する。4K映像とハイレゾ・オーディオの組み合わせだけではなく、フルHD映像にロスレス・オーディオを含むマルチフォーマットで同時に配信するため、ライブ配信の模様は様々なブラウザーで視聴できる。