3物体を同時模擬、Keysightがレーダーシミュレーター

車載レーダーのチェック環境の例 チェックは電波暗室で行うのが一般的。中央のレーダー(DUT:Device Under Test)をチェックする。新製品(右中央)に接続したアンテナきょう体をDUTの周囲に置く。DUTが電波を発すると、新製品のアンテナでそれをキャッチ。あらかじめ設定したターゲット(測距対象)を模擬して、疑似反射波を出す。想定通りの距離をDUTが測れれば、チェック結果はOK。測れなければ、NGとなる。Keysightのスライド
車載レーダーのチェック環境の例
チェックは電波暗室で行うのが一般的。中央のレーダー(DUT:Device Under Test)をチェックする。新製品(右中央)に接続したアンテナきょう体をDUTの周囲に置く。DUTが電波を発すると、新製品のアンテナでそれをキャッチ。あらかじめ設定したターゲット(測距対象)を模擬して、疑似反射波を出す。想定通りの距離をDUTが測れれば、チェック結果はOK。測れなければ、NGとなる。Keysightのスライド

カーソルキー(←/→)でも操作できます