PR

 ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2020年10月16日、新型「4シリーズ クーペ」を発売した。4シリーズは、スポーツセダン「3シリーズ」とプラットフォームを共有した派生モデルとして2013年に登場した。今回の新型4シリーズは2代目となる。特徴は、スポーティーでダイナミックな走行性能の向上と、同社が“世界最高レベル”と誇る安全機能・運転支援システムを標準装備したことだ。価格は577万円(消費税込み)から。納車開始は11月以降になる予定。

(写真:BMWジャパン)
(写真:BMWジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 3シリーズとの差別化を図るため、車体寸法を大きくしてワイドトレッド化したことにより、ロー&ワイドの印象を強め、スポーティーな走行性能を実現した。車体寸法は全長4775×全幅1850×全高1395mmで、ホイールベースは3シリーズと同じ2850mmとし、全長を3シリーズより+50mm、全幅を+25mm拡大し、全高は57mm低くした。

 走行性能を高めるため、車体の剛性を高めた。車体には「7シリーズ」と同様にエンジンやサスペンション周りの構造材に高剛性のアルミダイキャストを採用した。フロントのエンジンルームにブレース(補強材)を追加して開口部を可能な限り小さくし、リアのサスペンション取り付け部にも補強を追加してロール剛性を高めた。さらにアンダーフレーム全体を補強して車体剛性を高め、操舵応答性を高めている。また、エンジンフードやフロントフェンダー、ドアもアルミ材を用いて軽量化した。さらに900MPa以上の超高張力鋼板の採用も拡大し、軽量化しつつドアの大きな開口部でも高い剛性を確保して衝突安全性を強化した。