PR

 東北ケーブルテレビネットワークとスカパーJSAT、NTT東日本の3社は2020年10月22日、光回線を利用したテレビサービスの提供で協業すると発表した。東北ケーブルテレビネットワークは、広域ネットワーク化による付加価値の創出などを目的に2006年に設立された株式会社で、現在は東北地方のケーブルテレビ事業者15社17局で構成する。

東北ケーブルテレビネットワークとスカパーJSAT、NTT東日本の3社が共同会見
東北ケーブルテレビネットワークとスカパーJSAT、NTT東日本の3社が共同会見
[画像のクリックで拡大表示]

 この協業では、東北ケーブルテレビネットワークが幹事会社となりNTT東日本の映像通信網サービス(通信とは別の波長の光を使い1本の加入光ファイバー回線で通信と併せて放送型サービスの提供を可能とするもの)をケーブルテレビ事業者およびスカパーJSATに卸提供する。併せて、各ケーブルテレビ局とスカパーJSATが放送設備などを共用することで設備投資の効率化を図る。

協業の事業モデル
協業の事業モデル
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般のテレビ視聴者は、フレッツ光あるいはコラボ光(光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービス)に加入していれば、NTT東日本の映像通信サービス網を経由して提供されるケーブルテレビ事業者の放送サービスまたはスカパーJSATの放送サービスを、メニューの内容や料金などから選択して利用できるようになる。

サービス提供のイメージ
サービス提供のイメージ
発表資料から
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、各ケーブルテレビ局は独自に運営する地域情報チャンネルとして「コミュニティチャンネル」を提供しているが、今回の協業によりスカパーJSATのサービスを選択した場合でも地域のケーブルテレビ局が運営するコミュニティチャンネルを視聴可能とする。再送信メニューの1つとして提供されるので、スカパーJSATの多チャンネル放送に加入していなくても視聴できる。

 この協業のスキームには、まずは東北ケーブルテレビネットワークの中からダイバーシティメディア(本社:山形市)、ニューデジタルケーブル(本社:岩手県花巻市)、宮城ケーブルテレビ(本社:宮城県塩釜市)、岩手ケーブルテレビジョン(本社:盛岡市)が参加する。

 山形県と宮城県では、ダイバーシティメディア、ニューデジタルケーブルおよび宮城ケーブルテレビがそれぞれNTT東日本と組み協業で提供してきた放送サービスを引き続き利用できるほか、スカパーJSATの放送サービスを利用することも可能となる。山形県ではサービス提供エリアを拡大する予定。岩手県では、今回の協業により新たに岩手ケーブルテレビジョンとスカパーJSATの放送サービスを光回線で利用できるようになる。

 山形県の22万世帯、宮城県の66万世帯、岩手県の16万世帯の合計104万世帯を対象に2020年11月から、協業に基づくサービスを順次開始する。今後さらにエリアの拡大を目指す。