PR

 ネット型リユース事業を手がけるマーケットエンタープライズ(東京・中央)は2020年10月22日、2020年第3四半期(3Q、7~9月)における中古iPhoneの取引数ランキングを発表した。同ランキングは、中古スマホ端末取引の大手4市場(ヤフオク!、メルカリ、ムスビー、ラクマ)の動向を分析した結果である。また今回は、最新の「iPhone 12」シリーズと通信料金値下げ議論の影響についても言及している。

iPhone 8とiPhone 7が依然人気

 今回の中古iPhone市場ランキングのトップ10は前四半期と同様に、9位までを「iPhone 8」と「iPhone 7」が占めた。動きがあったのはランク外。iPhone SE(第2世代)の取引数が前四半期と比べて最も増加した。特にiPhone SE 64GBは前四半期比で1517%という驚異的な伸びを示した。マーケットエンタープライズは、iPhone SEはiPhone 8とほぼ同じ見た目にもかかわらず、「iPhone 11」シリーズに搭載されたA13 Bionicチップを備え、新品でも価格は4万円台という条件が相まって、新品・未使用品のiPhone SEと中古のiPhone 8を比較検討するユーザーが増加しているとみている。

2020年第3四半期の中古iPhoneランキング
2020年第3四半期の中古iPhoneランキング
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]