PR

 東芝デバイス&ストレージは、電源電圧範囲が+2.5〜16Vと広いモータードライバーIC(駆動IC)「TC78H660FNG」を発売した(ニュースリリース)。4個のDMOS素子で構成したHブリッジ回路を2つ集積した。つまり、デュアル構成のHブリッジドライバーICである。新製品を使えば、2つのDC(直流)ブラシ付きモーター、もしくは1つのステッピングモーターを駆動できる。特徴は、内部回路の駆動用に電圧(VCC)レギュレーター回路を搭載したため、+2.5〜16Vと広い単一電源で動作することである。このため、公称電圧が3.7VのLiイオン2次電池で駆動するモバイル機器や、USB端子(+5V)から給電を受ける機器、+12Vの電源で動く家電機器などに使える。具体的な応用機器は、ロボット掃除機や電子玩具、冷蔵庫、スマートメーターなどである。

電源電圧範囲が+2.5〜16Vと広いデュアル構成のHブリッジドライバーICと応用製品
電源電圧範囲が+2.5〜16Vと広いデュアル構成のHブリッジドライバーICと応用製品
東芝デバイス&ストレージのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 同社最新世代のDMOS素子を集積したという。このため、上下アームのオン抵抗の和は0.48Ω(標準値)と低い。出力オン時の最大定格は+18Vで、最大出力電流は2Aである。モーターのチョッピング周波数は外付け抵抗で調整できる。パッケージは、実装面積が5.0mm×6.4mmの16端子TSSOP。動作温度範囲は−40〜+85℃。このほかの主な特性や機能は下表の通りである。すでに販売を開始している。価格は明らかにしていない。

新製品の主な仕様や機能
新製品の主な仕様や機能
東芝デバイス&ストレージの資料
[画像のクリックで拡大表示]