PR

 楽天モバイルは携帯電話サービスの自社回線エリアを急ピッチで広げ、東京都においては2021年3月末までにほぼ自前運用に切り替えることが、2020年10月26日までに明らかとなった。

 2020年10月22日から東京都・大阪府・奈良県の一部地域で、KDDI(au)とのローミング(相互乗り入れ)を打ち切り始めた。ローミングの打ち切りは順次拡大していく計画で、KDDIによると「東京都は離島など一部のエリアを除き、2021年3月末でローミングを終了する」という。

 楽天とKDDIは2018年11月1日に提携を発表。ローミングの契約期間は2019年10月1日から2026年3月31日までだが、都道府県ごとに楽天モバイルの自社回線エリアの人口カバー率が70%を上回った時点で両社が協議し、ローミングの継続/終了を決める契約となっている。

 楽天は2020年8月11日に開いた決算説明会で、自社回線エリアの人口カバー率を2021年3月末までに70%、2021年中に96%近くまで広げると大幅な前倒しを表明していた。

楽天は2020年8月に開いた決算説明会で、基地局展開の大幅な前倒しを表明
楽天は2020年8月に開いた決算説明会で、基地局展開の大幅な前倒しを表明
(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]