PR

 英調査会社のJATO Dynamics(JATOダイナミクス)は2020年10月26日、欧州で2020年1~8月に販売された新車のCO2排出量平均値を発表した。上半期(1~6月)には平均が118.5g/kmだったが、電動車(ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車)の販売が拡大したことで1~8月平均は大幅に下がり102.2g/kmになった。2020年の規制目標値の95.7g/kmまであと6.5g/kmだ。

欧州で販売された乗用車の年間平均CO<sub>2</sub>排出量の推移
欧州で販売された乗用車の年間平均CO2排出量の推移
(出所:JATO Dynamics)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルス感染症の拡大により欧州新車市場の2020年1~9月の登録台数は前年同期比29%減となっている。その中で電動車は前年同期比67%増の約154万台となった。電動車の市場シェアは2019年同期の7.8%から18.1%まで拡大した。エンジン車の需要減と電動車の拡大がCO2排出量平均を下げる要因となった。