PR

 LINEは2020年10月28日、一部のシステム開発の中止に伴い、2020年7~9月期の連結決算(国際会計基準)で11億7400万円の減損損失を計上したと発表した。「(減損損失は)事業の見直しや一部サービスの終了に伴って発生した」(広報)。Zホールディングスとの経営統合とは関係はないという。

 同社は2019年12月期の連結決算でも、システム開発の中止で、16億5500万円の損失を計上していた。この損失はシステム開発中止に関わる費用分担金として計上した。今回の減損損失と関連はないとしている。