PR

 ホームセンター大手のカインズは2020年11月3日に、デジタル技術を駆使した新店舗を埼玉県朝霞市に開く。ロボットが客を商品の陳列棚まで案内するほか、客はデジタルサイネージ上で陳列場所までのルートを検索できる。広い店内でも客が迷わないように工夫を凝らし、利便性向上を狙う。

タッチパネルで商品を検索すると、ロボットが陳列棚まで案内する
タッチパネルで商品を検索すると、ロボットが陳列棚まで案内する
(出所:カインズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 埼玉県朝霞市の商業施設「くみまちモールあさか」に開く新店「カインズ朝霞店」に、様々なデジタル技術を投入した。ロボットによる売り場案内では、ロボットが搭載するタッチパネルで探したい商品を選ぶと、その商品がある陳列棚の前やその近くの通路前までロボットが先導して案内する。また、店内のデジタルサイネージで商品を検索すると、売り場までの経路をマップで表示する。

 その他、園芸の専門家にリモートで相談できるサービスや、Webサイトからドッグランを予約できるサービスなども新たに始める。カインズは「当社が持つデジタル技術をフル活用した初めての店舗で、今後も様々な施策を実施する計画だ」(広報)と意気込む。