PR

 衣料品EC(電子商取引)モール「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOは2020年10月29日、新たに全身採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ) 2」を開発したと発表した。同社は過去に同様の全身採寸用スーツ(旧ZOZOSUIT)を開発したものの、量産体制や採寸精度に課題があり、仕様変更の後に撤退した経緯がある。ZOZOSUIT 2で「全身採寸」のリベンジを狙う。

ドットマーカーの数を増やし精度を高めた
ドットマーカーの数を増やし精度を高めた
(出所:ZOZO)
[画像のクリックで拡大表示]

 旧ZOZOSUITは全身に付されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影して計測する仕組みだった。ZOZOSUIT 2も基本的な計測方法は同じだが、マーカー数を旧ZOZOSUITと比べて50倍の約2万個に増やし、撮影中の動きを補正する技術などを組み込んで採寸精度を高めた。一般的な3Dレーザースキャナーの計測結果と比べ、平均誤差は3.7ミリメートルに留まったという。

 ZOZO広報によると、ZOZOSUIT 2はすぐには一般配布しない予定という。まずはZOZOSUIT 2のデータを使って新サービスを共同開発するパートナー企業の募集に努める方針で、「消費者には1年以内に提供できるように準備する計画」(ZOZO広報)という。